救急受診

医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院

  • 日本脳神経外科学会専門医研修プログラム連携施設(基幹病院:北野病院)
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
文字の大きさ
標準
拡大

Tel 06-6965-1800 救急病院認定|365日24時間対応

250名を超えるハートあるチームで
24時間365日手術体制を整えています。

病院案内へ

受付時間(月〜金)
8:45~11:30 13:30~16:30
診療時間(月〜金)
9:00~12:00 14:00~17:00

※土曜日は午前中診療

トピックス

脳卒中センター~SCU脳卒中ケアユニット6床体制~

脳卒中ケアユニットとは、急性期の脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)の患者さんを受け入れる専用の病床で、脳卒中の専門知識を持つ経験豊富な医師、看護師、リハビリテーション技師らの専門チームにより、脳卒中を発症早期から24時間体制で集中的に治療する病床のことです

脳神経外科手術は二刀流です。

当院の特徴は、症状に応じて顕微鏡開頭手術と脳血管内手術の二刀流技術を駆使し、24時間365日体制で脳卒中救急患者様に対応できるよう整備していることです。

院長 佐々木庸 個人手術数 血管内 206例
               開頭 419例
              (2017年12月末まで)

脊椎脊髄センター~手術が必要が必要な方に、世界最高水準の治療を~

初代センター長 栗林厚介
個人手術数 2,696例(1995年~2017年12月)

中国語対応が可能です。

増加する中国からの訪日患者様に円滑に対応いたします。

来自中国的访日患者不断增加,我们依旧顺利地协调处理。我们的用心,您的放心!!!

痙縮治療センター

痙縮は脳卒中最大の後遺症です。
当院ではボツリヌス治療、バクロフェン髄注療法(ITB療法)、反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)などの痙縮治療とリハビリテーションの併用療法をおこなっております。
関節の拘縮(伸びずに曲がった状態)や変形がない限り、諦めず当院痙縮治療センターへご相談ください。

社会医療法人を認可いただきました。

社会医療法人とは、地域医療の中核を担う医療機関として公益性の高い医療サービスを担う存在として位置づけられた医療法人です。

全国の医療法人の0.5%にあたる240施設程度(2017年現在)の狭き門であり、当院の時間外を含む脳卒中系救急医療の取り組みに対して高い公益性が認められました。

脳卒中センター~SCU脳卒中ケアユニット6床体制~

脳卒中ケアユニットとは、急性期の脳血...

脳神経外科手術は二刀流です。

当院の特徴は、症状に応じて顕微鏡開頭...

脊椎脊髄センター~手術が必要が必要な方に、世界最高水準の治療を~

初代センター長 栗林厚介
個人手...

中国語対応が可能です。

増加する中国からの訪日患者様に円滑に...

社会医療法人を認可いただきました。

社会医療法人とは、地域医療の中核を担...

当院の取り組み