救急受診

医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院

  • 日本脳神経外科学会専門医研修プログラム連携施設(基幹病院:北野病院)
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
文字の大きさ
標準
拡大

Tel 06-6965-1800 救急病院認定|365日24時間対応

頭蓋内コイル塞栓術

頭蓋内コイル塞栓術

脳動脈瘤が破裂して、くも膜下出血を起こした場合には、生命に危険が及ぶか脳の後遺症を残す可能性が高く、それを予防するためには破裂防止の手術が必要となります。
その方法の1つとして、動脈瘤内プラチナ製のコイルを詰めて動脈瘤を閉塞する頭蓋内コイル塞栓術(血管内手術)があります。
ただし、コイルによる塞栓術では、いちど詰めたコイルが少しだけ縮小して、脳動脈瘤との間に隙間ができ、治療効果(破裂予防)が不十分になる場合があります。
このため当院では、定期的に検査(血管造影やMRA)を行い、治療効果が十分かどうかを慎重に観察しています。

実際の脳動脈瘤の発見から治療

頭痛と頭重感があるため、当院に来院されMRI検査をしたところ未破裂脳動脈瘤が見つかりました。
実際のMRAの画像です。

実際の未破裂脳動脈瘤のあるMRA画像

より詳しく未破裂脳動脈瘤の形態を把握するため、頭部造影3D-CTAを撮影しました

頭部造影3D-CTA画像

さらに血管造影検査も施行し、頭蓋内コイル塞栓術による治療を行いました

実際の頭蓋内コイル塞栓術中の血管造影画像

血管造影画像により、脳動脈瘤を確認しました

正面像 側面像

3D特殊撮影により脳動脈瘤のサイズや形態の把握を行いました

3D特殊撮影画像

ガイドワイヤーを使用して、マイクロカテーテルを脳動脈瘤内に誘導しました

マイクロカテーテル留置中の画像

血管造影にてマイクロカテーテルが、きちんと脳動脈瘤内に留置されているか、確認しました

マイクロカテーテルの位置確認の画像

マイクロカテーテルが脳動脈瘤内にあることを確認後に、コイルにより脳動脈瘤を塞栓しました

コイル挿入中の画像

コイルを挿入後に確認の血管造影撮影を行いました

正面像 側面像

3D特殊撮影により、最終の確認をしました

3D特殊撮影画像

頭蓋内コイル塞栓術後20日で退院し、日常生活ができるようになりました

頭蓋内コイル塞栓術前と術後の画像比較

術前のMRA画像 術後のMRA画像

術後のMRAは退院後に撮影された画像であり、再発がないことも確認できました
また当院では、定期的に検査(血管造影やMRA)を行い、治療効果が十分かどうかを 慎重に観察しています。