医療法人啓光会
藍の都脳神経外科病院
AINOMIYAKO NEUROSURGERY HOSPITAL
救急病院認定/365日24時間対応
平成24年11月1日SCU(脳卒中ケアユニット)開設予定
  • 当院について
    • 院長挨拶
    • 院長略歴
    • 病院理念
    • 届出済施設基準
    • 受付
    • 待合室
    • ナースステーション
    • 手術室
    • 血管造影室
  • 当院の特徴
  • 医師のご紹介
  • 入院について
  • 部門紹介
    • 看護部
    • 看護部教育担当
    • 放射線部
    • リハビリテーション部
    • 薬剤部
    • 臨床検査部
    • 栄養部
    • 医事課
    • 地域連携室
    • 居宅介護支援事業部
  • 外来診察案内
  • 緊急超急性期高度治療への取組
  • 高度専門的治療への取組
    • 頭蓋内コイル塞栓術
    • ステント留置術
    • 顕微鏡脳外科手術
    • ボトックス療法
    • PCI
    • ペースメーカー
    • 禁煙外来
    • ICPモニタリングシステム
    • AVM(脳動静脈奇形)塞栓術
    • d-AVF(硬膜動静脈瘻)
    • 術中ICG蛍光血管撮影
    • 術中神経モニタリング
  • 診療統計
  • 手術実績
  • 救急受け入れ実績
    • 平成23年度
    • 平成24年度
    • 平成25年度
    • 平成26年度
    • 平成27年度
    • 平成28年度
    • 平成29年度
  • 脳ドック
  • ボトックス
  • 肉毒杆菌
  • TMS
  • NCDへの参加について
  • 広報誌
  • お問い合わせ
中国語英語対応スタッフ
脳卒中センター
SCU 脳卒中ケアユニット
脳神経外科専門外来
緊急超急性期高度治療への取組
物忘れ・水頭症外来
ボトックス外来
最先端リハビリテーション
医療観光
NASVA
病院情報の公表
回復期リハビリテーション
地域連携室
居宅介護支援事業部
研修会・研究論文・学会業績
当院の取り組み
頭を打った時は
交通・アクセス
スタッフ募集
医療法人啓光会 藍の都脳神経外科病院
大阪市鶴見区放出東2丁目21番16号
TEL:06-6967-7727
mail:hosp@ainomiyako.net
QRコード

脳ドック

脳ドックを受診される方は事前に予約が必要です。
当院では完全予約制で実施しております。
お電話・メールもしくは受付にて当日受診を希望されても承ることはできませんのでご了承下さい。
また予約状況により希望日にお取りすることができない場合もございますのでお早めにご連絡下さい。
ご都合もしくは体調不良等(特に咳等の症状がある場合等)でご予約頂いた日にお越し頂けない場合、もしくは遅れる場合はご遠慮なくご一報頂ければ幸いです。

image

<検査予約日>

検査予約日

※診療時間  午前9:00〜13:00  午後14:00〜17:00

上記の時間帯でご予約を承っております。
注)当院の都合により、予約日の変更をお願いさせて頂くことがございます。

<脳ドックコース>

脳ドックコース

予約受付

平成23年4月から予約受付を開始しています。
お電話、メールでのお申し込みのみとなっております。
お申し込みの際は、氏名(受診者名)、性別、生年月日、連絡先(電話番号)、受診希望日(第3希望まで)、
ご希望コース
をご入力頂きますよう宜しくお願い致します。
折り返し、担当の者からご連絡させて頂きます。

ご予約のメールはこちらから

ドック当日の流れ

ドック当日の流れ

検査について

。唯劭標〆困箸蓮ΑΑ  強い磁場と電波により得られた身体内部の情報をコンピューターで処理し画像化する検査。
脳梗塞、脳出血、脳腫瘍等の有無が確認できます。

■唯劭糎〆困箸蓮ΑΑ  頭・頚部の血管を撮像する検査。
CTとは違い、造影剤を使用せずとも血管撮像が可能です。
血管に細い部分(狭窄部)がないかどうか、また脳動脈瘤や血管奇形等の有無を確認できます。

※MRI・MRA検査ともに放射線の被爆の心配がない安全な検査です。
当院では最新機器の3.0T(テスラ)のMRを用い、より繊細画像を短時間で取得することが可能です。

7枡位エコーとは・・・  首にゼリーをつけて首の血管の動脈硬化をみる検査。
MRA検査ではわからない血管壁の厚さや狭窄部の性状等が確認できます。

※MRA検査と頚動脈エコーを行うことで動脈硬化の有無・進行具合を確認でき、今後の動脈硬化の予防、さらには脳卒中の予防に繋がります。

注意事項

MRI検査は強い磁場を使う検査なので、受けることができない方、また受けられない場合が可能性がある方がいらっしゃいます。
お気軽にご相談下さい。

1.受けることができない方、受けられない可能性がある方
/澗.據璽好瓠璽ー、刺激電極、避妊リングを体内に入れている方
⊃郵関節、脳動脈瘤クリップなどの金属が体内にある方
Gタ泳瑤惑タ韻硫椎柔がある方
な捗蟠寡歉匹覆俵垢い箸海蹐苦手な方
2.検査を受けられる場合の注意事項として
貴金属(特に時計)や磁気カード(キャッシュカードなど)等は検査前に取り外して下さい。
MRI検査機器から発生する強い磁場により、総ての電子記録が消失する可能性があります。

注)化粧品(マスカラなど)の中には金属を含んでいるものがあるため、化粧を落としていただく場合があります。

▲Page Top
HOME サイトマップ お問い合わせ mail:hosp@ainomiyako.net